農業資材EXPO2019に初めて出展(カメラ式カウンター)しました!

農業EXPOにカメラ式カウンターを出展したのは当社が初めてだと思います。農業資材EXPOで計数?と思われるかもしれません。実は種子、タネ、シードの数を数えて袋に充填するのです。小さいタネは0.3ミリから可能です。花のタネ、トルコキキョウ、ユーストマのカウントが可能です。ご来場の皆様は大変驚いていました。世の中のカウンターとのイメージとは全く異なる機械です。従来のカタツムリの形をした光式のカウンターを完全に時代遅れにしました。

種子カウントの相談をいくつかいただきました。この機械での計数の提案をしましたところ大きな評価をいただきました。ユーストマのペレット、ネギ、メロンなど何でもござれです。是非、種子、シードのカウントを自動化してみませんか。AIはどんなタネ、シードでもカウント可能です。

カメラ式カウンター

カウント可能な種子を瓶詰めにして並べてみました。こうみるとタネは色々なんですね。お使いの種子はございますでしょうか。ぜひカウントのテストをさせて下さい。

種子計数機

(パーツカウンター/シードカウンター)と自動包装機なら株式会社松楽産業にお任せください。

official ホームページはコチラ
↓↓↓↓↓↓↓
株式会社松楽産業|パーツカウンター、シードカウンター、計数機、計量機、包装機