パーツカウンターがボンディングキャピラリをカウントしてみました!

パーツカウンターがボンディングキャピラリをカウントしてみました!ボンディングキャピラリとは半導体を製造する際、チップ電極とリード端子をつなぐ工程で不可欠なツールです。キャピラリの先端から金線、導線、アルミ線などが通ります。ボンディングにおいてはキャピラリからで他ワイヤの先端部を加熱しボール状にし、チップにキャピラリの先端を圧着し、基板の所定の端子に引き延ばして接続します。これは単価が何百円もします。これを100個カウントします。

 

供給フィーダーのトラフは2連、14連、4連で流してみました。被計数物によって最適なトラフを提案します。 本ものカメラが空中でそのシルエットを画像処理を行いパーツの数を数えるのが、このビジョンカウンターです! このように極小部品を数えるのが得意です。微細なものから中くらいのサイズのものまで可能です。是非ご相談下さい。 パーツカウント用ビジョンカウンターは作業のデジタル化、人手不足解消と産業転換の解決策を提案します。

😎 過小出荷が発生し、航空便でたった2個を送った。

😎 デジタルハカリでは個数がばらつく。

ちょっと多目で良い。少ないと大変。

😎 何とかアナログ作業からデジタル化したい。

official ホームページはコチラ 😁
↓↓↓↓↓↓↓
ボンディングキャピラリ、微細なパーツや微小ネジ用カウンターの松楽産業|フィーダー式自動計量機、超小型給袋式包装機

パーツカウンター紹介マンガはコチラ
↓↓↓↓↓↓↓
計数機ビジョンカウンター「人は間違える生き物だから
(第2弾もあるわよ😍)

YouTube,パーツカウンターのチャンネルはコチラ 👍
↓↓↓↓↓↓↓
パーツカウンターと計量機包装機(松楽産業)