シードカウンター(計数機、パーツカウンター)がトマトのタネをカウントしてます!

シードカウンター(計数機、パーツカウンター)がトマト種子カウント動画公開!
世界で初めてシードカウンターとしてAIを搭載しました。世界最先端の次世代型2方向分光画像処理型カメラ式計数機を提供できます。落下する種子を2方向から見ることでレーザー変位センサー型カウンター、光電管(光センサー、光膜センサー)型カウンターが実現できなかった精度、性能に到達しました。

世界で一番値段の高いタネは何だとお思いですか?メロン? 違います、実はトマトなんです。 そのトマトのタネを正確にカウントできるのが、このシードカウンター(計数機、パーツカウンター)なのです。当社ではビジョンカウンターと呼んでいます。 世界初AIを搭載した計数機。一つのカメラが二方向から落下する物体を画像処理してカウントします。粒度分布表を搭載して計数製品範囲を簡単に設定できます。

😎 デジタルハカリで重量から数を換算してませんか?

😎 そんな中で過数出荷してしまう。あるいは過小出荷してしまう。

😎 生産効率向上と過数分の費用を削減しませんか。

😎 何とかアナログ作業からデジタル化したい。

😎 ポストコロナに向けて人手不足対策を検討したい。

是非松楽産業にお問い合わせください。種子からパーツまで幅広い製品をカウントします。給袋式の自動包装機とのドッキングが可能です。 この動画をみて、カウント計数作業の見直しを行い、自動化をご検討下さい。ご遠慮なくご相談下さい。ご連絡をお待ちしています

official ホームページはコチラ 😁
↓↓↓↓↓↓↓
株式会社松楽産業|フィーダー式自動計量機、超小型給袋式包装機、パーツカウンター

YouTube,パーツカウンターのチャンネルはコチラ 👍
↓↓↓↓↓↓↓
パーツカウンターと計量機包装機(松楽産業)