パーツカウンターが特殊金属ピンを数えてみました!

計数機 、パーツカウンター、フィーダー式自動計量機、給袋式包装機の松楽産業です。パーツカウンター(計数機)が特殊金属ピンを数えてみました!0.15ミリ×8ミリです。ピンが滝のように流れ落ちます。今回はクラスターを避ける分散バーを外してカメラの視野に直下で落としました。分散バーを設けるとクラスターを崩せるのですが、ピンが回転します。画像が三日月、弓なりに歪みます。33000回のシャッタースピードでもそうなります。

カメラが画像処理を行いパーツの数を数えるのが、このビジョンカウンターです! パーツカウント用ビジョンカウンターは作業のデジタル化、人手不足解消と産業転換の解決策を提案します。

 

😎 金属素子、金属ピンのカウント方法を知りたい
😎 5000本を重量計算すると50本以上いつも過数出荷してしまう。
😎 何とかアナログ作業からデジタル化したい。
😎 ポストコロナに向けて人手不足対策を検討したい。

この動画をみて、カウント計数作業の見直しを行い、自動化をご検討下さい。
パーツカウント用ビジョンカウンターと松楽産業は作業のデジタル化、人手不足解消と産業転換の解決策を提案します。

機械でできることは機械で。人でできることは人で。これがアナログからデジタルへの真のいざないです。

相談してね!

official ホームページはコチラ 😁
↓↓↓↓↓↓↓
株式会社松楽産業|フィーダー式自動計量機、超小型給袋式包装機、パーツカウンター

YouTube,パーツカウンターのチャンネルはコチラ 👍
↓↓↓↓↓↓↓
パーツカウンターと計量機包装機(松楽産業)