パーツカウンターがプラスチック、スラストワッシャー白の小をカウントしてみました!

パーツカウンターがプラスチック、スラストワッシャー白の小をカウントしてみました!
V字2連トラフ使用。先端がフラットになって、分散シャフトが付属しています。これで固まり、クラスターを切ってカメラの視野に落とします。このパーツであれば1秒間に10個カウントできます。このくらいの大きさなら通常のホッパーで詰まることはありませんがカメラの視野に安定的にかつ定量供給するのがコツです。そこが肝心です。
本物のカメラが画像処理を行いパーツの数を数えるのが、このビジョンカウンターです! 当社では様々なトラフを用意しています。パーツに対して最適な提案を致します。 トラフの構造が命です!パーツカウント用ビジョンカウンターは作業のデジタル化、人手不足解消と産業転換の解決策を提案します。カメラが大小様々なパーツを画像処理して、その数を数えます。微細なものから中くらいのサイズのものまで可能です。

カメラが画像処理を行いパーツの数を数えるのが、このビジョンカウンターです! パーツカウント用ビジョンカウンターは作業のデジタル化、人手不足解消と産業転換の解決策を提案します。

 

😎 ポストコロナに向けて人手不足対策を検討したい。
😎 プラスチック部品、極小ネジ、微細ビスのカウント方法を知りたい
😎 過数出荷してしまう。あるいは過小出荷してしまう。
😎 何とかアナログ作業からデジタル化したい。
😎 機械でできることは機械で。人でできることは人で。

この動画をみて、カウント計数作業の見直しを行い、自動化をご検討下さい。パーツカウント用ビジョンカウンターと松楽産業は作業のデジタル化、人手不足解消と産業転換の解決策を提案します。

機械でできることは機械で。人でできることは人で。これがアナログからデジタルへの真のいざないです。

相談してね!

official ホームページはコチラ 😁
↓↓↓↓↓↓↓
プラスチック、スラストワッシャーのパーツカウンター計数機のご用命は松楽産業へ!

YouTube,パーツカウンターのチャンネルはコチラ 👍
↓↓↓↓↓↓↓
パーツカウンターと計量機包装機(松楽産業)